寝たきりでセクハラですか!?

今年の三が日は比較的温かいですね。
年賀状をお送りくださった方に厚く感謝します!

年賀状は年々寂しくなっていくのですが、そもそも私がお送りしないので当然です。
それでも毎年送ってくれるなんて本当に頭が下がります。
今年の干支を頂いた年賀状で確認したような日本人として恥ずかしい限りなのですが、以前のように多少なりともお送りできる気持ちの余裕、早く取り戻したいですね。

さて、主人が自宅にいれば病院に通わなくて良いし何かと心強いものです。
しかしながら年末数日間の無理がたたってか、年明け早々また腰が悪化したようです。
どうも「入浴」して体が温まると痛みが増す傾向にあるのですが、それより2頭の大型犬と一緒に寝るのもどうかと思うのですね。
30kg級が2頭で主人の横や上に一晩中居るのですから、腰への負担もなかなかの物です。
なのでいつもの大型犬との激しい!?散歩は流石にできません。

いよいよ寝たきりが本格化してきた1月3日の旦那様ですが「ぱんのおっ○い、ヤバくない?乳首がものすごく張ってる気がする…」と、なんと寝たままでモミモミしながら言うのです。
貴方が触り過ぎてるせいじゃないの?だって運転中だってモミモミしちゃってるんですから。
しかし当のぱんちゃんはまだお子ちゃまなのか、大好きな父ちゃんだから嬉しいのか定かではないですが、されるがままなんです。

パートナーのどんは主人いわく、Yaりたい盛だそうでスキあらばぱんに迫り狂っているのですが、そんな時のぱんちゃんはチェストの上に一時避難。限られたスペースでは思うようにならず、その時のぱんは賢いと思って見ています。
因みにどんのそういった、追っかけたりマウントしたりする行為を我が家では「ワッショイ」と表現しています。
ぱんが来てから半年くらいしてやっと私の左腕は、どん様のその「ワッショイ」行為から開放されたのでしたw。

しっかし人間で言うなら体育会系のマッチョなどん様ですから、ぱんちゃんの初めてのヒートと思われた時には、それはもう鼻息が荒いのなんの。
どんちゃん、もうちょっとお姫様扱いしないと愛想尽かされちゃうからぁ」と過保護なママみたいに心配したものでした。
それに劣らない飼い主お父ちゃんのセクハラ行為もどき(別物ですけれどね)です。お母ちゃんは心配・・・というほどぱんちゃん嫌がらずにヘラヘラしてますね。
でもそれにしてもおっ○いがおっきくなってそのほうが心配かも・・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

お気軽にコメントして下さい