まさかのご懐妊発覚!

ぱんちゃん動物病院でエコー

ぱんのことは気になっていましたが、世間様の連休が終わり、主人の退院と同時に私の気が抜けたのか少し体調不良を起こしたり、看護中の父のことや縁故の訃報が重なったりと、時間がいつものように無情に過ぎて行きました。

それでもやっと今日、いつも受診している動物病院にぱんを連れて行くことができました。
ワクチンの時期でもあったのですが、もし妊娠していたら注射はできません。
私は店があったので、病院は主人に任せましたが気になって仕方ありませんでした。

帰ってきた主人の持っていた病院の領収書には「エコー」と記されていて、ワクチンの項目はなく金額を見れば妊娠している事が一目瞭然でした。
それにしてもこの病院はとても良心的ですし、いい先生がいらっしゃるので人気があっていつも混んでます。

さてどうしよう、若干予想はしていたものの正直戸惑いが起こりました。
希望していた予定は、この春すぎのヒート時期にめでたく受胎してくれたらと思っていたからです。
主人の体調も優れなかったので、いろんな準備が整っていなかったのもありましたが、私達の経験値が低いのに奥さんのぱんはまだ一歳半で少し幼いというのが一番の心配。

主人が仕事と入院の為に留守が多かったので、私だけでは受胎のコントロールが難しかったようです。
なにしろ旦那さんのどんは男盛りwですし、犬夫婦だけで留守番をさせる時間が多かったですから。
しかしこれは運命なのです。家族全員でぱんの健やかな出産と子育てに協力しようとすぐに楽しみに変わっていきました。

ぱんちゃん、相手は誰?って愚問ですが一応聞いてみる

  1. 「エ?あの、その、だってDONちゃんがさぁ・・・」
  2. 「私はね、まだ早いって言ったわよ!父ちゃんのことも心配だったし・・」
  3. 「だってぇ、父ちゃんも母ちゃんもあんまり遊んでくれなくて寂しかったんだもの。ダ・カ・ラ・」
  4. 「はい!紛れもなく妊婦さんでーすとも。」

[su_carousel source=”media: 129,131,128,127″ height=”300″ items=”2″][su_carousel source=”media: 115,116,117,118″ link=”lightbox” items=”2″][/su_carousel]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

お気軽にコメントして下さい