運がいいのか悪いのか|父ちゃん編

運がいいのか悪いのか|父ちゃん編

AnimalScene, オーシャン, ラブラドール・レトリバー, リバ,
親族の最期のセレモニーというものは避けては通れないが、そう度々あるものではないので、それなりに普段とは違った日常がしばらく続く。 弟の時ほどざわざわと落ち着かないといった状況ではないものの、特に公的な手続きなどは年度初めとゴールデンウィーク前ということもあって…
もっと読む

パピーたちの誕生日の意味

AnimalScene, どん, ラブラドール・レトリバー, 動物家族
これより前の記事の一部はまだ公開されていんませんが、かんりにんの父と我が家のラブたちのお話を少しだけ先に公開します。 私の弟は7年少し前の2009年11月に交通事故で亡くなりました。47歳でした。 それはとても大きな出来事でしたが、それだけでは終わらず、弟の葬…
もっと読む
2017年1月のまとめ

2017年1月のまとめ

AnimalScene, PUPPY ROOM, オーシャン, ラブラドール・レトリバー, リバ, 健康, 動物家族, 里親募集
1ヶ月で起きた出来事は想定外!?今年の元旦から月末までのたった30余日で繰り広げられた事はかなり濃い内容だった気もしますが、「青天の霹靂」だとか「全く予想だにしなかった」なんてことではなかったです。 だって健康な犬夫婦と一緒にいるので、いつでも起こりうることだ…
もっと読む
母犬のための栄養

母犬のための栄養

AnimalScene, PUPPY ROOM, ぱん, ラブラドール・レトリバー, 健康, 動物家族, 食事
出産婦の宿命 26日にぱんの姿を撮っていたのですが、子どもたちの成長の源であるお乳にどんどん栄養が行っているのでしょうか、何だかやつれてきています。 出産婦さんとはこうゆうものなのですね。 お父ちゃんはもうもみもみなんかしちゃいけませんね。 お母さんてすごい!…
もっと読む
そして母になる-序章

そして母になる-序章

AnimalScene, いたずら, どん, ぱん, ラブラドール・レトリバー, 健康, , 食事
出産翌日には犬夫婦が普段暮らしているロフトもちゃんとしなければと、23日に急いで用意した子育てのケージ以外に、どんパパ専用の寝床やお父ちゃん(主人)が横になれるベッドも復活させました。 もちろん動物番組が大好きな主人のためにTVも再設置。狭いながらも楽しい犬家…
もっと読む
10頭になった犬家族に戸惑いながら癒される

10頭になった犬家族に戸惑いながら癒される

AnimalScene, PUPPY ROOM, どん, ぱん, ラブラドール・レトリバー, 動物家族,
今年の所信表明どおりサイトのデータ移転を進めていたのでしたが、主人の体調がはっきりしないまま妊娠発覚・出産といった、とても濃い一年の幕開けとなりました。 私はお産の後、店の方は開けるのに精一杯。あたふたとこのサイトの中身を出来る限り見直しながら24日にOPEN…
もっと読む
明け方まで続いた8匹の仔犬の出産

明け方まで続いた8匹の仔犬の出産

AnimalScene, どん, ぱん, ラブラドール・レトリバー, リバ, 動物家族,
私は少し朦朧として来ていて、もう寒さなどあまり感じてなくなっていました。 とは言え眠りたいわけでもないので、ぱんの子育ての為の場所をせっせとこしらえていたようです。 まるで他人事のようですが、一眠りしたあとで寝室とロフト2箇所にちゃんと簡易ケージが設置されてい…
もっと読む
仔犬の出産は突然に!

仔犬の出産は突然に!

AnimalScene, PUPPY ROOM, どん, ぱん, ラブラドール・レトリバー, リバ,
「なにか変な鳴き声がするぞ!」 深夜0時過ぎ、主人が寝ぼけてでもいるような事を言いだしました。 いつも主人はテレビをつけたままで眠るので、おおかたその音か何かとも思ったのですが、たしかに子猫が鳴いているような高い声がします。 明らかにここにいる動物家族にはない…
もっと読む
ぱんのお腹はみるみるうちに

ぱんのお腹はみるみるうちに

AnimalScene, ぱん, ラブラドール・レトリバー, 動物病院,
2ヶ月間の変遷を一挙公開!? 主人の入院騒ぎにかまけていたことも有ったけれど 12月末まであんまり大きくなっていなくて最近(1月上旬)まで気づきませんでした。勉強不足ですぅ。 不思議なもので病院に行ってからみるみる大きくなってきましたよ。妊娠を受け入れたんでし…
もっと読む
まさかのご懐妊発覚!

まさかのご懐妊発覚!

AnimalScene, お知らせ, ぱん, ラブラドール・レトリバー, 健康, 動物病院, , 食事
ぱんちゃん動物病院でエコー ぱんのことは気になっていましたが、世間様の連休が終わり、主人の退院と同時に私の気が抜けたのか少し体調不良を起こしたり、看護中の父のことや縁故の訃報が重なったりと、時間がいつものように無情に過ぎて行きました。 それでもやっと今日、いつ…
もっと読む